家庭用ベビーセンサーBaby Aiのこだわりポイントを紹介


家庭用ベビーセンサーBaby Aiについて、サイト上で伝えきれていない内容は山ほどあります。そこでBaby Aiを製造するにあたり、こだわったポイントついて説明します。また、前機種IBUKIと異なる点を詳しくまとめました。

Baby Aiのこだわりポイント

品質を重視し日本製(国産)にこだわり

製品に対して一番こだわった所が日本国内製造です。日本製にすると海外製と比較して、賃金が高いため倍以上のコストとなってしまいます。また人件費の安い海外は組立工賃は含みませんが、国内で製造した場合、組立にも費用が掛かります。そのため、どうしてもコストが割高になりがちです。

日本製といっても製造は海外で行い、国内では検査だけという方式もあります。その他には国内で製造しているけど、すべて外国人労働者というケースも多いです。「Baby Ai」は設計から組立、検査まで全て国内で行い、日本人の手で作り上げています。購入後の製品サポートもすべて日本人が担当しています。

純日本製にこだわるのには訳があります。海外で製造した場合、品質にむらや問題があっても「安いから仕方ないだろ」と一笑され満足いく製品を生み出せません。また、輸出入でトラブルが発生し、製品を納品できず、何ヶ月も止まってしまった他社製品もありました。そのため品質が安定し、安定供給ができる日本製にこだわりを持っています。

中間マージンを削減し、コストダウンに成功

Baby Aiは前機種IBUKIと比較して、性能及び製品の質を大幅アップしました。アップ内容は後程紹介しますが、品質アップするにあたり問題になってくるのがコストです。

先に紹介しましたが、Baby Aiは純日本製のベビーセンサーです。そのためコストアップが著しく、当初の段階では前機種より原価が上回っていました。
前機種IBUKIでは製品は好評でしたが、売値が高すぎて購入できないという声がありました。そのためBaby AiはIBUKIより価格を下げて販売することを目標にしていました。。

コストアップした部分はどこかでコストダウンしなくてはなりません。IBUKIでは部品発注や組立工程を業者に依頼し、製造をしていました。そのためコストが上がり、売値が高くなってしまった経緯があります。

Baby Aiでは自社で発注及び組み立てを賄い、業者に支払っていたコストを減らすことに成功しました。それ以外にも原材料の数量や寸法を計算し、コストダウンを図ったおかげでIBUKIより大幅コストダウンに成功しました。

大人でも使用できる設計

Baby Aiの対象ターゲットは個人宅の乳幼児です。基本的には大人の使用に関しては考慮していません。しかし、大人の無呼吸症候群を調べるのに、使用したいという声が頻繁にありました。特に乳幼児で使用した後は、旦那の無呼吸症候群を調べるのに使用を検討しているご両親が多いです。

海外ベビーセンサーの多くは1歳までを対象年齢としています。理由は製品が対荷重に耐えられない点と感度の問題です。

Baby Aiではターゲットは乳幼児ですが、体重制限を90kgとし大人が使用しても問題ないようにしました。
正確な測定及び判定はできませんが、呼吸のグラフを記録できるので無呼吸症候群に悩んでいる方に役に立つかもしれません。

感度調整を可能にし、様々な環境での使用に配慮

前機種IBUKIでは感度調整ができませんでした。ベビーセンサーは繊細なセンサー及び高度な技術が必要になるため、環境や赤ちゃんの呼吸状況によって性能にばらつきが出てしまいます。
例えば国道沿いでは、トラックのエンジン音や振動が激しく感度が強すぎると様々な雑音を拾ってしまい、正確なモニターができなくなります。

逆に赤ちゃんの呼吸が浅い場合は感度不足によってモニターができないこともあります。

そのためBaby Aiでは専用アプリNappleeを使用することによって、利用者で感度調整をできるようにすることによって、正確なモニターができるようにしました。

前機種「IBUKI」より改善点

2人同時利用が可能になりました

IBUKIではアプリで同時呼吸モニターは、センサー1台しかできませんでした。ベビーセンサーのニーズを掘り下げると、双子で利用できないかという声が多く、Baby Aiでは専用アプリNappleeで同時呼吸モニターを2台としました。またモニターした呼吸波線を記録できるようアプリの改良をしました。

センサーマットの改良

IBUKIのセンサーマットは40cm×80cmとサイズが小さめでしたが、Baby Aiのセンサーマットは60cm×90cmと一回り大きくしました。赤ちゃんは早ければ生後3ヶ月頃から寝返りをし始めます。

サイズが小さいとセンサーマットからはみ出し、感知できず正確なモニターができません。そのためサイズを大きくし、感知できる範囲を広げました。また、センサーマット上面にスポンジを入れることによって、センサーマットの上に直で寝ても赤ちゃんが痛くないようにしました。

赤ちゃん温湿度センサーを搭載

赤ちゃんの部屋の温湿度を管理できるセンサーを搭載しました。

センサーから読み取った「温度」と「湿度」はインフルエンザアラートと、赤ちゃん快適アラートに利用されます。

インフルエンザアラートとは気象庁が公表しているインフルエンザウィルスが好む温湿度になった場合、警報アラームが鳴らすことができます。

赤ちゃん快適アラートは利用者が任意の温湿度を設定し、設定から外れた場合警報アラームを鳴らすことができます。

改善点はまだまだあります

全ての機能を網羅したように思える「Baby Ai」ですが、まだまだ改善点はあります。

まず、専用アプリNappleeがiphoneとipadでしか使用できない点です。今後は他社スマートフォンでも使用できるようアップデートしなくてはなりません。

呼吸センサーの精度も2,300g未満では実験したことがなく、病院などの未成熟児でもしようできるよう能力を向上させる必要があります。
今後も開発を推進し、より良い製品を生み出せるよう邁進してまいります。