ベビーセンサーBaby Aiの使い方

ベビーセンサーBaby Ai

ベビーセンサーBaby Aiは直接床の上に敷くかベビーベッドの上に敷くことで簡単にご利用いただけます。持ち運びも可能ですので、以下の設置方法を参考にして用途に合わせてご利用ください。

設置方法

1センサーマットを床もしくはベビーベッドの上に敷く
※柔らかい材質の上に敷かないでください。

2センサーマットの上に防水シーツやシーツを敷く。
※敷かなくても良いですが汚れ防止のため。

3枕や掛け布団を設置すれば準備完成
※枕はなくても構いません。

4

 

センサーマットから伸びるシリコンチューブを本体に差し込む

5

 

ACアダプタを電源プラグに差し込むと準備完成

その他の設置方法

ベビーセンサーBaby Aiのセンサーマットは赤ちゃんが直接寝ても痛くない特殊スポンジを使用しています。 Wラッセルカバーがクッションとなり程よい硬さのマットを実現しました。体重の変化とともにご利用の方法が増えますので以下をご参考にしてください。
029

A畳・フローリングなどにセンサーマットを直接敷く

mat_over

B

布団やマットレスの上にセンサーマットを設置

mat_under

C布団の下にセンサーマットを設置
※7kg以上の赤ちゃんから可能

その他の設置方法で使えるマットレス

↑ センサーマットの上に敷く場合

固綿・ウレタンスポンジ・高反発素材・タオルケット・シーツ

スプリング・そば殻・エアマット・ウォーターマット・羽毛布団・羊毛布団・柔らかくて体を包む素材

↓ センサーマットの下に敷く場合

ベニヤ板・畳・フローリング・固綿・ポリエステル・固めマットレス
柔らか絨毯・ゴザ・すのこ・羽毛布団・羊毛布団・センサーマットが沈む込素材

※布団・マットレスの厚みは5cm以内のものを使用してください。