家庭用ベビーセンサー
Baby Ai

マットレス一体型ベビーセンサーBaby Aiはシーツとかけ布団さえあればすぐに利用できます。 就寝中の赤ちゃんを見守るあなたの心強い味方です。

特許第5887676:生体情報検出用のセンサーパット
特願2018-11930:生体情報検出用マット及び生体情報検出装置
※本製品は医療機器ではございません。

Baby Ai 6つの注目ポイント

特許技術のセンサーで呼吸をモニター

多くのベビーセンサーで使用している体動センサーではなく、独自技術で開発したエアー式センサーを活用することによって、呼吸モニターを実現しました。利用している赤ちゃんの呼吸が乱れた場合、アラームで周囲にお知らせします。

「安心」「安全」の日本製

Baby Aiは国内「製造」「検査」しています。トラブルサポートも専用の日本人が行っており、Nappleeで保存した呼吸記録データを元に分析します。

センサー感度5段階調整可能

Baby Aiは専用アプリで感度を調整することが可能。環境に適応した感度を設定し、正確なモニターができます。感度調整は全部で5段階用意しており、数字が大きくなるほど感度が強くなります。
※初期設定時は3となっているので、環境やご利用者に合わせて感度を調整してください。

専用アプリで呼吸を30日間記録可能に

Baby Ai専用アプリNappleeを使用することによって呼吸の状態を30日間記録することが可能です。記録データを元に赤ちゃんの呼吸状態を把握できます。

※iPhone/iPad専用アプリ

温湿度センサー搭載で赤ちゃんのお部屋を快適に

Baby Aiは温湿度センサーを搭載しています。測定したデータはBaby Ai専用アプリNappleeに記録され、お部屋の温湿度が設定の範囲外になった場合、アラームでお知らせが可能です。

リアルタイムで呼吸モニタリング

Baby Aiではリアルタイムで乳幼児の呼吸をモニターできます。
「双子でもiphone1台で呼吸をモニターしたい」という数多くの要望を叶えるため、1台で最大2名まで呼吸を同時モニターを実現しました。

呼吸の様子は波線で確認できます。

メディア掲載実績

zadankai

小児科医の眞々田先生からのアドバイスや呼吸計測ができるBaby Aiを取り扱った座談会を開催しました。
「呼吸数の波線も記録できるのはいいですね。子どもの体調管理にも役立ちそう!」など大好評。

子育て情報メディア - KIDSNA(キズナ)座談会

babyai-akacyan-nenne

数多くのベビーセンサーを使用してきましたが、Baby Aiは一番性能が高いと思います。

特に呼吸を30日間計測でき、呼吸波線を過去に追って確認できるところがすばらしいです。

子育てパパママの暮らしブログ - 個人ブロガー

お客様の声

安心感を得られており、センサーも安定しています。 誤作動も今の所なく、概ね満足しています。
埼玉県 S様
生後7か月のお子様
感知レベルを高くしており、1晩5回位アラートが鳴ります。 ハッとしますが呼吸はしています。それだけ感知しているという事で安心。
岡山県 S様
生後0か月のお子様
アラームが鳴ると心配になるときがありますが、使用感としては非常に良いと感じました。これがあると無いでは安心感が違います。
埼玉県 O様
生後0か月のお子様

お客様の声(SNS投稿)

この投稿をInstagramで見る

寝返りが始まって不安だったのと、うつ伏せではスヌーザが痛そうだったので、家庭用ベビーセンサー「Baby Ai」を購入しました!  体動センサーではなく、呼吸運動見守りモニターです(ˊᵕˋ)エアー式センサーで、横隔膜の微細な動きを読み取り、呼吸のみをモニタリングすることができるそう。  呼吸数が1分間で5回以下となると警告アラームが鳴ります⚠️iPhoneの専用アプリがあり、携帯から呼吸状態が確認出来るのと、記録と保存が可能です(*´꒳`*)  もうすぐ使って3週間ですが、アラートはスヌーザよりも鳴る回数が多いです。体動センサーは感度をすごく高くして、呼吸以外の動きを拾ってしまう事が多いみたいなので、アラートが鳴るのもBabyAiがちゃんと作動してるのかなーと思っています☻* 分からない事があって問い合わせしたのですが、すぐに対応してもらえてサポートはしっかりしてるなと思いました🙌  マット一体型ですが、サイズはベビー布団よりも小さくて、寝返りマスターした息子くんはゴロゴロ落ちます💦7kg超えたら布団の下に敷いて使えるみたいなので、7kgまでもうちょっと〜😅  #ベビーセンサー #BabyAi #乳幼児突然死症候群 #SIDS #スヌーザヒーロー #今日で生後4カ月

さくらさん(@harutaro_0605)がシェアした投稿 –

よくあるご質問

Most frequent questions and answers

体重3,000g以上から使用することができます。体重が6kg以下の場合は布団の下に設置すると呼吸の感知が難しいケースがあります。体重が7kg以上でも呼吸が浅いと、布団の下では呼吸の感知できない場合もございます。

Baby Aiのセンサーマットには一切電磁波的なものはありません。
Baby Ai本体は電波を飛ばすのはBluetoothチップのみで、しかもLow energyタイプのため、大変微弱です。安全性は携帯よりかなり高いです。

製品保障は1年ですが、設計上の耐用年数は6年となっております。製品内で利用しているVitalセンサーは10年以上利用実績があります。ただし、Baby Aiは発売して間もないので、今のところ6年間利用した実績はまだありません。

Baby Aiをはじめて利用する方へ

「Baby Aiについて詳しく聞きたい」

「Baby Aiはどんな時に使える製品なの?」

 

Baby Aiに対する不安や疑問は事前に何度でもお問い合わせください。3営業日以内にはご返信いたします。

 

ご購入後、ご満足いただけなけれ10日間全額返金保証いたします。

お気軽にお問い合わせください。

Baby Aiは赤ちゃんの呼吸が心配なご両親をサポートする機器として生まれました。呼吸をリアルでモニターしてご両親と一緒に赤ちゃんを見守ります。ご両親の子育て負担を少しでも軽くできる機器としてご利用いただけると幸いです。