ベビーセンサー誤作動問題。~ベビーセンサーの誤作動改善に向けて~

夜間の赤ちゃん睡眠時に呼吸を見守り続けるベビーセンサーは、SIDSや窒息を心配しているご両親にとって非常に心強い機器です。しかし、ベビーセンサーも機械です。残念ながら誤作動を完全に防ぐことはできません。ベビーセンサー誤作動の種類と、今後の課題についてまとめました。

ベビーセンサーは誤作動が多いのか?

ベビーセンサーは赤ちゃんの呼吸や動きをモニターして知らせる機能があります。そのため、繊細で精度の高い技術が求められます。ただし、環境や使用状況によって誤作動を引き起こす可能性も否定できません。ベビーセンサーにありがちな誤作動をまとめました。

警報アラームが頻発する

ベビーセンサーは赤ちゃん以外の雑音を最小限にして、赤ちゃんの息や動きのみを感知しなくてはなりません。しかし、赤ちゃんの呼吸動作は非常に弱く、センサー感度が足りない場合は警報アラームが頻発してしまう事があります。特に4か月未満の赤ちゃんにおけるノンレム睡眠時の周期性呼吸は12秒程度無呼吸状態が続くこともあり、通常の周期性呼吸と危険な無呼吸状態を判断するためには、実証実験を繰り返さなくてはなりません。

周期性呼吸とは「5~20秒の正常な呼吸と20秒未満の無呼吸」が交互に繰り返しおこります。周期性呼吸の多くは37週未満の未熟児に多く発生し、心拍やチアノーゼ等の異常がない呼吸です。基本的には生後2~3ヶ月頃には消失する為、予後の良い病状です。

周期性呼吸を考慮し「Baby Ai」は25秒無呼吸状態が続いた場合、病的無呼吸と判定し警報アラームが鳴るようになっています。

また、呼吸の動きは赤ちゃんによって千差万別なため、呼吸が浅く安定していない乳幼児も少なからずおります。場合によって周期性呼吸が長めの可能性もあるので、警報アラームが頻発してしまうケースがあります。

もし警報アラームが頻発する場合は機器の異常の可能性もありますが「中枢性無呼吸」「閉塞性無呼吸」「混合性無呼吸」などの怖い病気の可能性もあるため、一度病院で検査してみてもよいかもしれません。

ちなみにですが、前機種IBUKIを使用していた赤ちゃんであまりに警報アラームが頻発したので、病院で検査をしたところ呼吸疾患が見つかったケースもありました。

家庭用ベビーセンサー「Baby Ai」は医療機器ではありませんが、赤ちゃんの呼吸状態を知るという意味で役に立つかもしれません。

警報アラームが鳴らない

誰もベビーセンサーを使用していなくても、警報アラームが鳴らないケースもあります。感度が強すぎて、他の要因を感知してしまっているからです。

特に「風」「音」「振動」の3点はリズムによっては、赤ちゃんの動きや呼吸に近い影響を与えます。
では実際に使用している状態で赤ちゃんの呼吸が止まった場合、アラームが鳴らないかというとけしてそうとは言い切れません。使用している状況では赤ちゃんがセンサーマットの上で寝ており、荷重がかかっているため使用していない時と状況が大きく異なります。

そのため、使用時に呼吸が止まって雑音によってアラートが鳴らない可能性は低いです。

しかしながら、それを確かめるすべもないので誰もいないときにアラートが鳴るか確認することは重要です。そして、アラートが鳴らない場合は感度強すぎるので調整が必要となります。

リコール問題に発展する機器不良

ベビーセンサーはセンサー調整が難しい繊細な機械です。そのため、部品の一部に些細なトラブルが発生しただけで重大な欠陥となります。

有名なベビーセンサーでも機器のトラブルが発生し、大規模リコールが発生しました。実は前機種IBUKIでもプレスリリース直後に機器トラブルを発見したため、大至急修理したことがあります。

機器トラブルを回避するには製品を丁寧に検査をして、問題がないか何度も確認する必要があります。

Baby Aiでは誤作動回避を重点に置いています

ベビーセンサー誤作動問題の多くは、センサー感度と赤ちゃんおよび使用環境がマッチしていないため発生します。
そこで家庭用ベビーセンサー「Baby Ai」ではセンサー感度を専用アプリの「Napplee」にて調整できるようにしました。。
誤作動やトラブルが発生しないよう今後も研究及び製品能力向上を進めてまいります。