ベビーセンサーのレンタルについて当社の考え


赤ちゃんの呼吸が心配でベビーセンサーを検討するとき「購入」「レンタル」どちらにするか迷うかもしれません。当社のベビーセンサーは「購入」しか取り扱っていませんが、他社製品ではレンタルもあります。
ベビーセンサーの「レンタル」についてと当社の考えをお伝えします。

ベビーセンサーレンタル/メリット・デメリット

ベビー用品は使用期間が短く、数多くの種類がレンタルされています。ベビーセンサーも数は少ないですが、一部レンタルとして一般家庭に出回っています。しかし、精密機器であるベビーセンサーは他のベビー用品と異なります。レンタルすることによるメリット・デメリットを端的にまとめました。

ベビーセンサーレンタル/メリット

1.短い使用期間の場合、費用を抑えられる
一番の魅力は使用期間に応じて、料金設定されていることです。使用期間が短ければ、無駄な出費を抑えて効率的な育児をすることができます。
2.気に入らなければ期間短縮できる
レンタルは使用後に利用者が満足できなければ、期間短縮することが可能です。しかし、製品によってはレンタル時に決めた期間を短縮できないケースや違約金が発生こともあるので、しっかり確認する必要があります。

ベビーセンサーレンタル/デメリット

1.長期間は費用が高い
短期間の場合、レンタルにかかる費用は安いですが、1年以上使用を考慮しているとしたら、購入よりも費用は割高です。製品によっては半年で購入より割高になります。
2.中古品のため衛生面に問題ある可能性
レンタルは回収後、洗浄をしますが、残念ながら中古品です。匂いや汚れなどが落ちない事も多く、新品と比較すると見た目の差は歴然です。
3.性能に疑問点がある
ベビーセンサーは微弱な赤ちゃんの呼吸運動や振動をセンサーで感知します。そのため非常に精度が要求されるセンサーを使用しているため、センサーパットの経年劣化による性能衰退は充分考えられます。

Baby Aiはレンタルをしません

前機種IBUKIでは「IBUKIはレンタルをしていないのか?」という問い合わせを数多くいただきました。そのため、レンタルを検討した時期もありましたが、結局はレンタルをやらず「購入」1本にするということになりました。

レンタルをやらない理由は数多くありますが、一番の要因は性能を保証できないことです。家庭用ベビーセンサー「Baby Ai」のセンサーマットは2年交換を推奨しています。センサーマット内のエアパットが重さによって変形をもたらし、性能保証ができなくなるからです。

レンタルの場合、同じ製品を数多くのユーザーが使用します。2年交換では費用対効果を得られないため、5年以上は故障がない限り部品交換は致しません。レンタル回収後、洗浄や検査はしますが、劣化している状態をすべて回復することは難しく、年数が経過するごとに製品は傷んでいきます。

ベビーセンサーは繊細な機械です。傷んだベビーセンサーを使用した場合、性能保証ができずお客様に不具合を生じさせる可能性があります。そのため、レンタルは当面見送ることになりました。

費用対効果や性能保証が担保できるようになれば、今後はレンタルという選択肢を考慮するかもしれません。