家庭用ベビーセンサー「Baby Ai」は3,000g以上の乳幼児を対象にした、呼吸見守りモニターです。ご利用する乳幼児の保護者が安心して使用できるよう、便利な機能を数多く搭載しています。さらに専用アプリ「Napplee」と併用して使用すれば、呼吸見守りだけでなく「記録」「保存」もできるため呼吸の異常をみつける手助けができます。

Baby Aiの特徴

Nappleeで同時に2人まで呼吸を30日間記録が可能

napplee3

Baby Ai専用アプリNappleeを使用することによって、呼吸数を30日間記録することができます。記録人数は最大2人です。

 

呼吸の波線も記録できるので、深夜の睡眠状態もモニター可能。センサー本体の感度もNappleeで調整できるので、大人が使用することもできます。

※使用最大荷重は90kg
※専用アプリはiPhone、iPadのみ対応です。ios11以上を推奨しています。

エアー式センサーによる精度の高い呼吸数をモニターを実現

ベビーセンサーの多くは体動センサーを利用して赤ちゃんの異常を発見しています。しかし、体動センサーは呼吸だけでなく全ての動きを感知してしまうため、精度が落ちてしまいがちです。

 

当社は特許(JP5887676)を取得した独自のエアー式センサーで、横隔膜の微細な動きを読み取り、呼吸のみをモニタリングすることができます。

 

呼吸数が1分間で5回以下となると警告アラームで危険をお知らせすることにより、SIDSの早期の発見に役立ちます。

 

「体動センサー」「ドップラーセンサー」と異なり、計測精度が高くご利用する乳幼児も電磁波などの影響をうけません。

 

 

 

 

一時停止ボタンで授乳時は簡単停止

一時停止ボタンを押すことによって、Baby Aiを30分間停止させることができます。停止中は専用アプリの停止するため、赤ちゃんがセンサーマットの上にいても警告アラームがなる事はありません。

 

授乳やおむつ替えなど短時間センサーを停止させたい時に便利な機能です。30分以上停止させたい場合は再度停止ボタンを押す事で停止時間を延長することができます

ベビーマット一体型センサーのため設置や片付けが簡単

11-temochi

家庭用ベビーセンサーIBUKI販売時に多くのお客様から、ベビーマットと一体型が欲しいと要望があり、世界初ベビーマット一体型センサーを実現しました。中のスポンジはセンサー感度に影響を及ぼさない8mm特殊スポンジを採用。

 

「通気性」「クッション性」「お手入れ」に優れたダブルラッセルカバーで覆っています。SIDS予防には固めの敷布団が必須なため、固めのマットレスに仕上げました。

 

もちろん通常のベビー敷布団の下にひいて、マットレス代わりに使用することも可能です。

 

 

多くの大学や医療メーカーで実験

BabyAiは大学と医療メーカーで実験使用されています。精度の高い呼吸センサーとして多くの実験で役立っています。

温湿度センサーを搭載

napplee4

Baby Aiは温湿度センサーを搭載しているため、部屋の温度や湿度をNappleeにて管理することができます。

 

「熱中症/インフルエンザ注意アラーム」「赤ちゃん適温室管理アラーム」といった2種類の便利機能を利用可能です。

安心・安全の日本製で前機種よりコストカット

国内工場で生産

Baby Aiはリキッドデザインシステムズで設計・開発をし、製造は国内工場で行い厳しい検査を国内で実行しています。

 

類似製品と異なり、すべて国内で行っているため、安心できる製品になっています。

また中間マージンを削除し、工場より直送するシステムへ変更したおかげで、前機種より約3割コストカットすることに成功しました。

センサーマットカバーは丸ごと水洗い可能​

babyai-set2__2

センサーマットはWラッセル素材となっていて、石鹸で丸洗いすることができます。中のスポンジも水洗いできるのでセンサーマットを清潔に保つことができます。

 

※洗濯後は保証対象外となります

 

「風」「音」「振動」影響を最小限に

ベビーセンサーの多くは風や音などの雑音によって影響を及ぼします。

新生児の呼吸は繊細で風が部屋で対流している状態と非常に似ています。

 

また、人の耳では聞こえない周波数をセンサーが呼吸と認識する可能性もあります。

 

「Baby Ai」は数多くの実験を繰り返し、影響を及ぼさないアルゴリズムをセンサーに組み込みました。さらに専用アプリNappleeで雑音に影響を及ぼさない適切な感度設定することができます。 

大人でも使用可能

多くのベビーセンサーは耐荷重制限や年齢制限によって新生児~幼児までしか使用できません。

 

「Baby Ai」は赤ちゃん専用にセンサーマットを設計しているため、多少使いにくいところもありますが、大人でも使用することができます。

 

耐荷重90kg以下でしたら、Nappleeにて感度調整することによってセンサーを使用できる実験済みです。

セット一式

Baby Ai本体 Baby Aiセンサーマット ACアダプタ

 

 

接続方法:

使用法はBaby Aiのセンサーとセンサーマット内部のエア式センサーを

シリコンチューブで接続します。

 

検出開始時間:着床後20~30秒で自動モニター開始

 

 

モニター性能:

30秒ごとに「安定」「体動」「注意」とNappleeで記録するだけでなく、1分間における平均呼吸数を30秒ごとに表示記録。1分間の呼吸数が5回以下もしくは呼吸の強弱がある一定の幅より小さくなった状態が25秒以上続くと「注意」となりお知らせアラームが作動。

 

 

Baby Ai本体の機能:

①電源ボタン:電源ON/OFFが可能。電源ONの時はボタンLEDが点灯。

②一時停止ボタン:30分間BabyAiの機能を停止します。停止中はボタンLEDが点灯。

③音量調整ボタン:本体スピーカーの音量を4段階調整できます。

④温湿度センサー:温湿度を計測するセンサーです。

 

 

Baby Aiセンサーマットの機能:

センサーマットには乳白色板の内部にエア―式センサーが取り付けられています。ご使用者の横隔膜の動きによって、エア―式センサーの空気が移動し、本体のvaitalセンサーが呼吸として計測します

他社ベビーセンサーとの比較表

現在、日本で流通している家庭用ベビーセンサーは当社製品を除き、全て海外メーカー品となっています。

 

保育園用ベビーセンサーに関しては日本メーカーも製造しておりますが、家庭用は販売しておりません。他社製品と当社製品の違いについて分かりやすくまとめました。

 

 

 家庭用ベビーセンサーBaby Ai旧ベビーセンサーIBUKI海外メーカーB社国内保育園用ベビーセンサーA社
体動検知
呼吸検知××
異常警告
記録媒体iPhone/iPadiPhoneなしiPad
記録単位30秒30秒なし5分
同時モニター2人1人1人
成人利用90kg90kg不可不可
生産国日本日本中国不明
接触/非接触非接触非接触非接触接触